top of page

初めに:冷凍ドーナツ生地について

​            冷凍パン生地・冷凍ドーナツ生地の違い

パンとドーナツの主な違いは、まず生地の種類です。パンはイースト菌やベーキングパウダーを使った生地で、もっとも一般的な形状は長方形や円筒形です。一方、ドーナツは甘い生地で、通常は円形で穴の開いた形状をしています。また、ドーナツは揚げたり焼いたりすることが一般的で、表面に砂糖やグレーズがかかっていることがあります。そのため、パンは主食として、ドーナツはデザートや軽食として消費されることが一般的です。

冷凍パン生地の特徴

  1. 材料の組み合わせ: パン生地は、主に小麦粉、水、イースト、砂糖、塩などから作られます。これらの材料が組み合わさり、発酵させられることでパンの生地ができます。

  2. 製法の複雑性: パン生地は、通常、発酵という工程を経てから焼かれます。発酵により、生地が膨らみ、ふんわりとした食感が生まれます。

  3. 種類の豊富さ: パン生地は様々な種類があります。例えば、フランスパン、ベーグル、シナモンロールなど、さまざまな形や風味のパンが作られます

冷凍ドーナツ生地の特徴

  1. 油脂の使用: ドーナツ生地には通常、バターや油脂が多く使用されることでしっとりとした食感があります。

  2. 独自の形状と製法: ドーナツは、通常、リング状や丸い形状をしています。また、ドーナツ生地は揚げることが一般的でサクサクとした外側と柔らかい内側が生まれます。

  3. 甘味: ドーナツ生地には砂糖が多く含まれ、通常は甘みが強調されます。また、アイシングや粉糖、シナモンシュガーなどがトッピングとして使われることもあります。

簡単に言えば、冷凍パン生地はパンの伝統的な特徴を持ち、発酵が必要です。一方で、冷凍ドーナツ生地は揚げられ、しばしば甘く、油脂を多く含みます。どちらも異なる特性を持っており、それに基づいて異なる製法が採られています。

北海道産原料を使用するドーナツ生地

  1. 新鮮な北海道産小麦と乳製品の活用:

    • 冷凍パン生地同様、北海道の高品質な小麦と乳製品の活用により、風味が豊かで、ドーナツ生地はふくよかで深みのある味わいが生まれています。

    • 北海道産原料を最大限に生かすため、弊社では独自の製法を採用しています。丁寧な手作業と高度な技術により一貫して高品質なドーナツを提供しています。

  2. 地元農家とのパートナーシップ:

    • 地元の農家との緊密なパートナーシップを築いています。北海道の農産物に対する共感とリスペクトをもとに、安定供給と品質向上に努めています。

bottom of page