top of page

初めに:日本製冷凍パン生地についてのご説明

29018946_s.jpg

​日本製冷凍パン生地の概念と特徴

 冷凍パン生地は、主にパンメーカーで事前に製造され、練り上げた状態で凍結保存されているパンの生地です。

この概念は、手軽で便利なパンの調理方法として、生地練り上げ職人不足や手間を省くためパン業界では広く受け入れられています。また、専門メーカーの手によって練り上げるため、以下のメリットも派生します。

 

1.もちもち感(もっちりとした食感): 日本のパンは通常、もちもちとした食感が特徴です。これは、米やもち米を配合する等、(他の要因もあります)によって生まれるもので、ふんわりとした食感も味わえます。

  2.しっとり感(しっとりとした湿り気): 日本のパンはしばしばしっとりとした湿り気があり、長持ちする傾向があります。これは、水分(牛乳の場合も有ります)を多く含む配合や、生地をこねる際の特別な技術によるものです。

  3.甘さ: 一般的に、日本のパンは少し甘みがあります。砂糖や蜂蜜を多めに使ったり、あんこ(餡小豆)やクリームを詰めたりすることが一般的です。

 

  4.バターの使用: バターは日本のパンにおいて一般的な材料であり、風味豊かなパンを作る上で欠かせません。バターを生地に練り込んだり、フィリングとして使用したりします。

 

  5.ミルクの活用: ミルクも頻繁に使用され、豊かな風味やしっとり感を生み出します。

  6.トーストブレッド(食パン): 日本では、トーストブレッド(食パン)が非常に人気であり、特に朝食でよく食べられます。これは、もちもちとした食感としっとり感が特徴の白い食パンです。

  7.季節や地域によるバリエーション: 季節や地域によっても、パンの種類や製法が異なります。季節の果物や和風の具材を取り入れたり、地域ごとに独自のパンが存在します。

以上の他にも、地域ごとや店ごとに独自のアプローチや特長が見られるため、様々な美味しいパンが楽しめます。

 

冷凍パン生地の説明

◎冷凍パン・ドーナツ生地

冷凍パン・マラサダドーナツ用
発酵前冷凍生地画像
12kg/1枚=50gパン240個分

1498740.png

​冷凍パン生地は主に業務用として流通していますが、以下の特徴・利便性(メリット)が有ります。

・便利性: 冷凍パン生地は事前にこねられ、発酵が進んだ状態で提供されるため、手間や時間を節約できます。必要に応じて解凍し、形状を整え、焼くだけで手作りのパンが楽しめます。

・保存性: 冷凍パン生地は冷凍庫で保存できるため、長期間にわたって新鮮な状態を保つことができます。急なゲストの訪問や食事の準備に便利です。

・多様性: 冷凍パン生地はさまざまな種類や形状で提供され、食欲や好みに合わせて選ぶことができます。ハードロール、シナモンロール、ピザ、ドーナツ生地など、様々な種類があります。

・手作りの味わい: 解凍して焼くことで、手作りの味わいや香りを楽しむことができます。焼きたてのパンの香りやふんわりとした食感を家庭で手軽に再現できます。

・使い勝手の良さ: 冷凍パン生地は、量を調整しやすいため、1回の調理で必要な分だけ取り出して使用することができます。無駄なく使えるので経済的です。

・初心者向け: パン作りが初めての人や手間をかけたくない人にとって、冷凍パン生地は扱いやすく、失敗が少ない選択肢となります。

その他の業務用冷凍生地ご紹介(代表的な例です)

◎成型後発酵前冷凍生地

​メロンパン
皮生地+本体生地)

この生地は、冷凍生地を成形(加工)した状態で出荷しますので販売者様側での成型加工は不要ですが、原価は加工賃が加算されます。
この段階でよく見る様々な種類のパンやドーナツに成形した状態で保存しますが、その後の工程は発酵過程を経て焼き上げることができます。(簡単な技術講習で取り扱えます)

生地を成形してから冷凍保存しておく為、急な対応が必要な場合でも手軽に焼き上げることができます。




  
焼成後冷凍パ 






生地練り上げ~成形~発酵工程が全て完了し、焼き上げた製品のパンを完全に冷ましてから冷凍保存したものを指します。
焼いたパンを冷めるまで待ってから冷凍保存するこ
とで、焼いた時の味や食感を保ち風味が落ちることもありません。
​お店では解凍~オーブン焼成工程のみで手軽に事業展開が可能ですが、利益はメーカー側手数原価加算と体積が大きくなることで物流費も増すため、総じて薄利(原価高)となります。


 

牛乳使用冷凍生地の特徴
 

①長期保存可能生地 
 

賞味期限の期間幅は生地の持つ保水力に鍵があり、本製品は凡そ1年間の長期保存を可能にしました(-20℃以下)。
この原料配合比率は公開出来ませんが、独自の長期賞味期間を可能にしたポイントは以下の通りです
 ①水は一滴も使用しない
 ②水の代わりに牛乳のみで練り上げ「ふわふわ・もちもち」と言う当社独自食感の派生メリットも生まれます
 ③生地に無色透明の昆布エキスを配合する
 ④小麦のブレンド配合率の調整

②「冷凍障害」が発生しません    
   

長期間にわたって冷凍生地を補完すると「結露の発生・発酵力の低減・発酵度合いのバラつき・イースト活性弱体・ナシ肌が出る」などの冷凍障害が発生します。
​当社冷凍生地は、前述の技術により冷凍障害は皆無で「しっとり」とした状態を保持します。

③長期保存用「食品添加物」不使用    
 

長期保管すると発酵力が弱まりますが、これを補うためにビタミンC等の食品添加物を加えます。
当社製品は独自技術によって添加物を加えることなく長期保存を可能にしました。

北海道ブランド
 

 

北海道は、日本国内でも高品質な小麦の産地の1つであり、豊富な天然水、清浄な空気、寒暖の差のある気候条件などがそろっています。これらの条件が、小麦粉の品質を高め、風味や食感などの特長を引き出すことにつながっています。

そのため、「北海道産の小麦粉・牛乳・砂糖・小豆などを使用した冷凍ベーカリー生地」には、以下のような優位性があります。

  1. 鮮度が保たれる:冷凍保存により、生地が鮮度を保ち、風味や食感が損なわれることがありません。

  2. ​水を一切使用せず、北海道牛乳100’%で練り上げた生地は風味が豊かで「ふわふわ・もちもち」食感を味わえます。

  3. 高品質な小麦粉を使用しているため、風味や食感が優れている:北海道産の小麦粉は、他の産地に比べて風味や食感が優れているとされています。

  4. 安定した品質:小麦粉の品質が一定であるため、生地の品質も安定しています。

以上のような理由から、北海道産の小麦粉を使用した冷凍ベーカリー生地は、優れた品質を持ち、生産性やコスト面でも優位性があります。

TOP

メーカー直営店

- 日本式冷凍パンビジネスのハリマサプライ 北海道牛乳100%冷凍パン 
日式冷凍面包 NewBisines  ニュービジネス   ノベルティ  OEM  メーカー  トリミング用レッスンドッグ  ブランドBag

bottom of page